スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

書評 - Lego Mindstorms Nxt 2.0: The King's Treasure (Technology in Action)

こんにちは、matkです。

ついこの間Kindle3買って、こんなニュースみて悔しい思いをしています。10月に新バージョン出るんですか…。基本的にタイミングはよくない方です。

めげずにKindle3と、最近読んだ以下の書籍のレビューを簡単にしたいと思います。



さて、Kindleの感想ですが、まずは「絶版」がなくなるのが心強いです。日本のNXTの傑作の本が絶版とかもう勘弁ですからね。あとレゴの組み立ての図(CADの図)をKindle3で白黒で見るのは結構つらいです。拡大も今のところは思うがままにはできないので、ペグの大きさは5mm~1cmぐらいで表示されます。たまにどこが増えたか分かりません。間違い探し状態です。組み立てがメインのレゴの本に関しては、確実にタブレットPCで見るのが正解と言えるでしょう。Arduino Cookbookのような専門用語とプログラミングがメインの本に関してはKindle3は素晴らしい威力を発揮します。英辞郎入れて訳し放題です。

次に、「Lego Mindstorms Nxt 2.0: The King's Treasure」の書評です。

●個人的な総合点
★★☆☆☆

●結論
教育者向けです。一般の人にはオススメできません。本家Amazonの★5つにだまされました(笑)

●内容
本の内容は「ピラミッドの中の王の墓までのさまざまな試練を、NXTで作ったロボットでクリアしていくこと」です。おおまかにいうと以下の5つが1セットで繰り返されます。配分はだいたい1/5ずつでしょうか。
・1. 雰囲気を盛り上げるような会話の章
・2. 「デザインジャーナル」と呼ばれる紙を使って、どんなロボットを作るべきかの考え方を示す章
・3. 実際にNXTでロボット組む章
・4. NXTソフトウェア(NXT-G)によるプログラミングする章
・5. 木材と金属で実際にクリアするコースを作る章

正直、1.と5.で分量とられるのは嬉しくありません。5.は100均のですぐ作れるならまあいいんですが(笑)

試練は5つです。「壁の迷路」「紐をつかんで振り子で穴をよける」「金属のリングをひっかけてひっぱる」「3つの像を指定位置まで動かす」「移動できる滑車をつかんでぶらさがって移動する」。試練はなかなかよくできていて教育的です。でも個人が作るにはあんまり面白くないかもしれません。

●この本をフルに生かせる対象者
小学校高学年~高校生、特に小学校高学年~中学生ぐらいの先生。先生たちで訳して、生徒向けのプリントを作って授業をするがいいのではないでしょうか。子供たちが自分たちで「デザインジャーナル」を使って考えて、組み立ててプログラミングして、コースで試して…というのができれば最高と思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
スポンサーサイト

9688エネルギーセットの中のエネルギーメーターの使い方

こんばんはmatkです。

他にも困っている人がいたら…と思い、エネルギーメーターの使い方を記事にすることにしました。
まずは9688エネルギーセットの魅力を簡単に動画で紹介したものが以下になります。
風力発電
ソーラーステーション (太陽光発電)
手回し発電機

いわゆるテクニックのパーツはほとんど入っていませんが、発電可能なEモーターや、大きな風車パーツは魅力的です。タイトルのエネルギーメーターとは下の2つのパーツを組み合わせたものを指します。
energy_meter.jpg energy_storage.jpg

本家のLEGO Educationを見ると左側のパーツは「Energy Display (エネルギーディスプレイ)」、右側のパーツは「Energy Storage (エネルギーストレージ, エネルギー貯蓄)」という名前がついています。両方合わせて「Energy Meter (エネルギーメーター)」のようです。

さて本題です。このエネルギーメーターですが購入していきなり使おうとするとハマります。はじめにエネルギー貯蔵ユニットの充電&放電を繰り返すという作業が必要です。これをやらないととても動作が不安定です。具体的には、ソーラーパネルを使っても全く表示がされませんし、エネルギーも貯まりません。手回し発電では、死ぬ気でまわしていると一瞬「0J」の表示が出てきて、100回転ぐらいすると「1J」になります。そこからは割と順調に貯まりますが、しばらくすると「0J」に戻ります。ここまで不安定とは…。

セットについてきた説明書にはこの充電&放電のやり方は書いてありますが、その他のスイッチやつまみやディスプレイの中のアイコンの内容等は全く書いてありません。別売りの教育用CDに書いてあるのでしょうか。しかし、インターネット上に英語の説明書がありましたので、自分なりに重要な点だけピックアップして以下に書いておきたいと思います(まだ全部試していません)。

●エネルギー貯蔵ユニットのつけ方・取り外し方
- つける時は単にカチッといくまでスライドさせるだけ。
- はずす時はつまみをグッと押して、スライドさせてね。

●エネルギーメーターの簡単な説明
- 緑のボタン: 電源on/off。2秒以上長押しすると表示が0Jにリセットされる。今まで貯めたJは消えずにそこからカウントするようになるみたい。ややこしいので放電し切った時にリセットして、他の時は長押ししないように注意!
- オレンジのつまみ: 左がエネルギー出力モードでモーター↑回転、右がエネルギー出力モードでモーター↓回転、真ん中がエネルギー貯蔵モードで出力はしない。十字穴を持つ。なんか楽しく制御できそう。
- 本体の表面にあるプラグ (システムのポッチ): エネルギー出力モードで使うモーターはここに接続。
- 本来の裏にあるプラグ: エネルギー貯蔵モードで使うソーラーパネルやEモーターはここに接続。
- 本体の上部にあるプラグ: NXTに情報を渡すのに使う。
- 横にテクニック穴。裏はシステムのポッチ。幅は8ポッチ。
- 値は0.5秒ごとに更新 (100回測定の平均値とのこと)

●エネルギー貯蔵ユニットの使い方
- 最大100Jまで貯めれる。
- 充電で1番簡単なのはレゴ テクニックによくついてくる「パワーファンクション バッテリーボックス」(電池満タン)とつないで緑のボタンを押して、エネルギーメーターの表示が消えるのを待つか、3時間ほど放置。
- NXTから充電もできるけど面倒。教育版NXTじゃないと無理っぽい。
- 放電は緑のボタンを「!」マークが点滅して出るまで10秒間ぐらい長押し。1時間半ほど放置してディスプレイが消えるのを待つ。
- 初期使用の時と約6ヵ月ごとに、充電&放電を3回繰り返してね。これをするとちゃんと使えて、バッテリーの寿命も長持ちするよ。
- 使わないときはエネルギーディスプレイから外しておこうね。
- 室温で乾いていて熱から遠ざけて保管してね。霜にさらしたり、放電しきった状態で長時間放置すると寿命を縮める可能性あるよ。

●その他
Q. エネルギーメーターが緑のボタン押してもウンともスンとも言わなくなったら?
A. エネルギー貯蔵ユニットを取り外して、5分待って、またつけて緑のボタンを押してみて。

Q. エネルギーディスプレイの「0J」の右に「!」が表示されたんだけど?
A. いったん取り外して、プラグの接続がちゃんとしているか、汚かったら綺麗にしてみて。もしもう一回やってダメだったら、エネルギー貯蔵ユニットの寿命かも。新しいのを買いましょう。

●NXTからの使い方
過去のこちらの記事を参照してください。


夏に発売予定の「8110 unimog U400」を買うまで充電&放電ができないんですが…orz
パワーファンクションバッテリーボックス1個も持ってない貧弱モノですみません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

レゴ テクニック ゴーカート 8256

こんばんは、matkです。

しばらく前に購入していた「レゴ テクニック ゴーカート 8256」のレビューをします。
144パーツで2500円前後。「モーターバイク 8051」が467パーツ(といってもチェーンで50パーツあるから実質420位でしょうか)で5000円前後であることを考えるとちょっと割高に感じます。しかし「クレーン・トラック 8258」は1877パーツで26000円前後であるので、デカけりゃ得かというとそうでもないようです。

まずはじめに箱を開けたところとパーツ構成から。
CIMG4657.jpg CIMG4658.jpg CIMG4659.jpg

第一印象はパーツが思ったより少なく感じるのと、ライム色のパーツが目を引きます。3枚目の写真ではあまり見ないパーツのアップです。主にステアリング部分(前輪の向きを変える部分)に使われます。また、シャフトの隣にある柔らかい棒も色々使えそうです。

CIMG4663.jpg CIMG4664.jpg CIMG4665.jpg

完成写真です。座席がリクライニングするのと、1個だけあるエンジンのピストンギミックの芸が細かいです。そしてやはりなんといっても目玉はステアリングでしょう。そのギミックの部分だけをアップにしたのが6枚目の写真です。ハンドルを切ると、そこにくっついている棒状のパーツが傾いて、リフトアームを左右に押します。この結果タイヤの向きが変わるという仕組みです。前輪の左右は摩擦の少ないペグでつながっているだけですので、カーブもスムーズです。

前回の記事
のモーターバイクが転倒防止して走る姿がイマイチなので、今日kobaさんにいいアイデアないか聞いたら、サイドカー作ってみたらとさすがのアドバイスをもらいました。そこで、近日中にこのゴーカートを改造してサイドカーにしようと思っています。



にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

8051 テクニック モーターバイク

8051 テクニック モーターバイクを紹介します。
購入を決めたビビッときた点はクリックブリックのショーケースに飾られていた、その存在感です。デカくて、ミニフィグは乗れる気がしないところがいいですね。

まずは、箱を開けたところから。2in1モデルといいつつも、両方ともモーターバイクなので、ドラスティックなモデルの変化を期待する人にはそこは寂しいかもしれません。

説明書の1ページ目の1番目のプロセスで、固いテーブルの上か何かでパーツを種類ごとに整理するように書かれていたのがウケました。教育的だなぁw たしかにはじめに整理したほうが組み立てはずっと早くなります。今回整理後は約1時間半で組み立てれました。
SANY0039.jpg 

さて、パーツを整理すると、NXT 2.0と比べてリフトアームが少なくてシャフトの多さに気づきます。ハーフペグも多いなぁ。ハーフペグはテクニック系のパーツと普通のレゴのパーツ(ライト部分、ラックギアも含む)をつなぐ時によく使うので納得がいきます。そして、やはりというかデカいホイールとタイヤ、ショックアブソーバー(ソフトスプリング)、チェーンが目を引きます。タイヤは中心部分だけ出なくて、周りの部分にもペグの穴がいくつか開いています。こんなところにシャフトさしてどんな活用方法があるか…デンデン太鼓か!?…考えるだけでも楽しいです。その他、ウイングパーツやあまり見ないテクニック部品がいくつか入っていたので、どのように使われるか注目です。
SANY0040.jpg SANY0042.jpg

以下は途中経過です。目玉ギミックの一部分である、ピストンの上下運動です。あまり見ないパーツはそれら同士組み合わさるものですね…。上下運動は見てて快感なのですが、完成品では惜しいことにかなり隠れてしまいます。僕は見えないオシャレにはあまり興味がありませんので、改造してくださいと言っているように聞こえました。
SANY0043.jpg

さて完成品です。といってもパーツを使いまわすことが前提なので、説明書どおりにチューブをハサミで切ったり、シールを貼ったりはしていません。でも圧倒的な存在感ですよ!もちろんステアリングも切れます。いやー上下にあるウイングパーツがかっこいいですね~。チェーンもいい味でてます。ショックアブゾーバーで前輪部分、そして車体と後輪部分の角度が変わるのがとてもリアルです。
SANY0044.jpg SANY0045.jpg SANY0047.jpg

テクニック系でバイク系にハズレなしとてつじんさんに教わりましたが、まさにアタリですね。このブログ的には、もちろん、このモーターバイクのピストン上下運動を露出させ、そして走らせてみる(できれば傾いてコーナリング)ところもチャレンジしていきたいと思います。無理と思ってもやってみるのが楽しいんですよね。

Amazonへのリンクは以下からどうぞ↓今のところ他と比べて数百円程度安いと思います。



にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

リンク
フリーエリア
プロフィール

Author:tsukuba.lego
●主な登場人物
koba : 会長. RCX, WeDo, NXT1.0, NXT2.0を持つ.
matk : 副会長. 2010年夏にNXT2.0を購入, 20年来のレゴ熱復活.
●会員募集中です!小学生から歓迎. 近日月1ぐらいで集まる予定.
mail:tsukuba.lego@gmail.com
YouTube (tsukubalego)
Twitter(tsukubalego)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。