スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

垂直の壁を吸盤で登るロボ - 組み立て編

こんにちは、matkです。

遅くなりましたが組み立て編です。

まず材料から。ちょっと考えてレゴ純正では厳しいなと思ったので、安くて的確そうなものを購入しました。少数派の純正にこだわらない派です(笑) 注射器、その先についている金属のキャップ(シリンジ・ノズルと呼ぶみたい)、シリコンチューブは以下のURLから購入しました。「My Lab」という楽天のお店です。

http://item.rakuten.co.jp/undigital/80-8850/
http://item.rakuten.co.jp/undigital/79-9415/
http://item.rakuten.co.jp/undigital/81-4899/

吸盤は、100均のダイソーで4個入り100円のやつを2つ買いました。耐えられる重さは、たしか1個あたり(最大)200gだったと思います。吸盤から空気を吸う・吐くのには、キリで穴を開けて、レゴのT字パーツを刺しています。T字パーツも比較的安いので(そればっかりですみません)。

注射器は50ml用と20mlで迷って、20mlでギリギリ足りなかったら嫌だなと思って保険で50mlも買いましたが、結局20mlで十分でした。次にシリコンチューブですが、レゴ純正のチューブはとても高いので、切り刻む勇気が出ないので代用品として買いました。こちらは安いので気兼ねなく切れます。また、内径1mmはT字パーツにギリギリはまる太さです(結構大変ですが)。3mほどまとめ買いしました。最後にシリンジは空気漏れないようにするため必要なアイテムでした。上記のシリコンチューブでぴったりで、短めで安いのという判断基準で上記のものを買いました。

以下は写真です。全体の重さは930gありました。吸盤4つでギリギリ耐えれる重さです。

P1000386.jpg P1000400.jpg

横と後ろです。注意すべきはなるべく左右対称に配置したモーターです。モーターはかなり重いですので、左右対称に配置しないと、登っていくうちにバランスが崩れて吸盤が浮いてしまうのです。そうすると、いくら注射器で吸っても貼りつきません。

P1000392.jpg P1000393.jpg 

次は注射器を持つ部分とその内部です。一番力がかかるところですので割とガッチリ作ってあります。ピンで固定できたのは幸運でした。痛んでも壊れても安(ry

P1000396.jpg P1000397.jpg P1000398.jpg

最後は、空気の流れです。吸盤は全部で8個ありますが、4つずつ接地しています。その4つに注射器1本が割り当てられています。あとはその4つをシリコンチューブで順番につないでいるだけです。最後のところは、つまようじで栓をしています。ダサくてすみません。

ももんがさんのブログで純正レゴで減圧機(こちらの注射器に相当)の作成がupされました!いやはやすごい。思いつかない。しかし、やはり硬い部品では壁登るのは厳しいように思います。重さで空気が結構ぬけるんですよね…。純正パーツで吸盤出ないかな。

http://blogs.yahoo.co.jp/momongaz_00/66427551.html
http://blogs.yahoo.co.jp/momongaz_00/66451361.html


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
スポンサーサイト
リンク
フリーエリア
プロフィール

tsukuba.lego

Author:tsukuba.lego
●主な登場人物
koba : 会長. RCX, WeDo, NXT1.0, NXT2.0を持つ.
matk : 副会長. 2010年夏にNXT2.0を購入, 20年来のレゴ熱復活.
●会員募集中です!小学生から歓迎. 近日月1ぐらいで集まる予定.
mail:tsukuba.lego@gmail.com
YouTube (tsukubalego)
Twitter(tsukubalego)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。