スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

Google App Inventor for Androidを試してみる4 クレーンゲーム試験編

こんばんは。kobaです。

Robot ArmはAndroidとNXTを使ったクレーンゲームを今年の秋のイベント用に作成したかったため、その試験として作成しました。今回は実際に机にお菓子を置いてAndroidから制御してお菓子を拾ってアームを動かしてお菓子を離すというクレーンゲームのような動作を行ってみました。

横からみたRobot Armの写真
Robot_Arm.jpg
アームの上下には行き過ぎ防止のストッパーが本来はついているのですが、これがあると机のお菓子まで届かなったため、そのブロックのみ外しています。後は説明書通りです。

お菓子をRobot Armで拾った動画

モーターの速度は最大値ですが、アームの動作が少し遅いので、ギア比の調整が必要かもしれません。
スポンサーサイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Androidの携帯からこういったロボットの制御もできるんですね。
そろそろ購入しようかなと思っているのですが、
こういったこともできると思うと、楽しみ度がま増しましたw

前の記事の動画も合わせて拝見させていただいたのですが、
十字ボタンとABボタンというインターフェイスのみしか使えないのでしょうか?
これだけあれば十分なのかな、とも思いますが他のインターフェイスもあるのかな、と思いましたもので(汗)

Re: No title

てつじんさん、こんばんは。

画面のインタフェースはApp Inventorで作成することになります。既に部品は用意されているので、ドラック&ドロップで自分で好きなインターフェースにすることが用意されている部品の中で可能です。現在の十字キーとA,Bボタンはとりあえずわかりやすいかなぁ?と思って私が作成したものです。Androidの加速度センサーを使えば十字キーの機能をAndroidの傾きによって置き換えることも可能だと思います。
リンク
フリーエリア
プロフィール

Author:tsukuba.lego
●主な登場人物
koba : 会長. RCX, WeDo, NXT1.0, NXT2.0を持つ.
matk : 副会長. 2010年夏にNXT2.0を購入, 20年来のレゴ熱復活.
●会員募集中です!小学生から歓迎. 近日月1ぐらいで集まる予定.
mail:tsukuba.lego@gmail.com
YouTube (tsukubalego)
Twitter(tsukubalego)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。