スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

Google App Inventor for Androidを試してみる10 Breakout Game(ブロック崩しゲーム)編

こんばんは、kobaです。
以前にGoogle App Inventorでブロック崩しゲームを作っていたのですが、昨日音やブロックの追加を行い公開できるレベルになったかなぁと思ったので、公開しました。Unimogで作成したコントローラーを使って操作したりAndroidの画面もできれば液晶テレビに出力したかったのですが、無理でした。HDMI端子付きの一部のモデルは液晶テレビに出力できるのですが、私のHTC Desire HDはDLNAで動画や写真などを液晶テレビに出力できるだけでした。

しばらくは子供が興味を持ちそうなゲームアプリも作っていきたいと思います。ブロックはプログラムのリストに追加していけばすぐに追加できますが、そのリストを当たり判定ではループで回しているため、ブロックを増やしたら少し重くなってしまいました。

ゲームを作成する開発環境としては他にScratchGameSaladがあります。App Inventorも含めてこれらはスプライトというオブジェクトに画像イメージを設定して使うのですが、Google App Inventorではスプライトオブジェクトの拡大や縮小を行うことができませんでした。スプライトオブジェクトのサイズを変更しても画像イメージの大きさはそのままのため、別途違うサイズの画像イメージが必要になり、ScratchやGameSaladaよりこの部分は面倒だなぁと感じました。この部分を抜かしたプログラムの作成のしやすさはそれほど変わらないのではないかと思います。3つの大きな違いとしては実行プラットホームがあげられます。
Google App Inventorは Android用
ScratchはWindows、Mac PC用とjava AppletでのWebブラウザ実行用
GameSaladaはiPhone、iPad、HTML5対応Webブラウザ 用
Google App Inventorで作った場合にせめてChromeでも動くようになればいいんですが。

こちらが動画です。







スポンサーサイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
フリーエリア
プロフィール

tsukuba.lego

Author:tsukuba.lego
●主な登場人物
koba : 会長. RCX, WeDo, NXT1.0, NXT2.0を持つ.
matk : 副会長. 2010年夏にNXT2.0を購入, 20年来のレゴ熱復活.
●会員募集中です!小学生から歓迎. 近日月1ぐらいで集まる予定.
mail:tsukuba.lego@gmail.com
YouTube (tsukubalego)
Twitter(tsukubalego)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。